Worker's TV 広告募集サイト

CASE STUDY 導入事例

株式会社 新陽トレーディング「ライバル企業との表示競争が激化する大手ECサイト内広告。新たな顧客接点の獲得で販路拡大を目指す!」                   

【会社紹介】

会社名 :株式会社 新陽トレーディング

事業内容:ECリテール事業、海外ブランド事業、ベンダー・メーカーOEM事業

取引形態:BtoC

担当部門:ファッション事業部

 

海外とのパイプが強い新陽トレーディング社。グロバールな社員ネットワークを活かし、世界的な寝具ブランド(マンチェスター・ユナイテッドの公式マットレス&ピローパートナー)であるMLILY(エムリリー)の販売やワイン輸入事業まで幅広い取扱いラインナップで多角的にビジネスを展開されています。

 

新陽トレーディング社はアパレルの分野にも挑戦されています。同社は輸入だけでなく、企画→設計→製造→販売に至るまで製販一体の取組みをされており、その1つの製品として今回広告配信頂きました「空調ウェア」の取扱いもされています。

 

空調服市場は2000年代前半に作業服として投入されたのが歴史の始まりと言われています。その後、2011年に発生した東日本大震災による復興支援作業に携わった人たちが、炎天下で空調服を着て作業されていたことから脚光を浴びることになります。この頃から官民一体となった「省エネ」「エコ」に対する意識が高まり、2014年の京都議定書では温室効果ガス排出に関する対策として、エアコン設定温度を28度にするキャンペーンも行われるようになりました。28度の室内でも快適にすごせるように、建設現場や鉄工所などで空調服が積極的に導入する方が増えてきたのがこの頃にあたります。

 

近年まで「空調服=作業服」というイメージが定着しつつありましたが、新陽トレーディング社は作業現場だけでなく消費者のプライベートタイムでも使っていただける「アウトドア・アパレル」という位置づけで「機能性」「デザイン性」に優れた商品を市場に投入されています。

 

 

 

 

 

製品名 :Air FAN VEST

製品概要:パワフル・薄型・静音で、着心地と多彩なカラーバリエーションでデザイン性を追求した製品

 

 

 

 

【マーケティング課題】

ECサイトだけでは補えない顧客接点の拡大

 

ECサイト内の広告はリスティング広告と同様、検索キーワードや表示回数によって、広告費用が変動する仕組みになっています。市場環境に目を向けると、空調服を提供しているライバル企業は数多く存在し、「空調服」という汎用的なキーワードで新陽トレーディング社の製品を見つけてもらうことは簡単ではなく、ECサイト内検索以外での顧客接点の場を模索していた。

 

 

 

 

【Worker’s TV導入の決め手】

ダイレクトに販売場所(ECサイトページ)に案内できることが魅力的であると感じた

 

1.ECサイト内の製品検索でなく、Worker’s TVで直接知ってもらえ、QRコードで直接販売場所(ECサイトページ)に案内可能

2.ECサイト内の広告では実現が難しい、高頻度(10分に1回)広告配信

 

 

 

 

 

【オプションサービスを利用してみた結果】

アパレル製品だからこそ体感してもらうことが大切!

 

今回、ウェアサンプルの設置を行った。アパレル製品の場合、ECサイトの情報だけでは「素材感」「サイズ感」「着心地」などが伝わりづらい。また、一般的なアパレル製品より高額である空調服を購入する消費者は高いお金を払って「失敗したくない」という想いも強いことから、実際の商品の良さを体感してもらうことが効果的であると感じた。

 

 

 

 

【Worker’s TVサービスGoodポイント】

多様なプロモーション方法の提案と対応が良かった!

 

動画制作にあたり、盛込んだ方が良い内容(QRコード)のアドバイスや現地でのサンプル品設置やその見せ方などについても相談に乗ってもらえた点が良かった。今後実施するアンケート調査への協力も取り付けてもらうことができ助かっています。

 

 

 

【Worker’s TVサービスへの要望】

費用対効果に繋がる設計

 

広告を出稿し、それが販売という形で成果に繋がれば、次回もまた広告を出稿したい。一方で成果が見込めないとなると、広告出稿を断念せざるを得ない。したがって、建設現場でどのようなプロモーションを実施できれば成果に繋がるか?のアドバイスと、それを実現するサービスプランが幅広く用意されていると良いと感じた。

 

<コーユーレンティアからの回答>

広告主様に「Worker’s TVを使ってよかった!」というお声を頂戴できることを目指して、私達のノウハウも高めつつ、サービスラインナップの拡充も図ってまいります。貴重なご意見ありがとうございました。

BACK

CONTACT

お問い合わせはこちら

CONTACT

REQUEST

サービス説明資料 vol.1.0
資料請求はこちら

REQUEST

Scroll to top button